ボランティア募集

Mission

  • われわれのミッションは、
    「集団活動をとおして、おたがいの交流の輪をひろげる」
    ことです。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ボランティア活動を楽しもう!(仲間を募集中です)

ともだちひろば運営委員会は、埼玉県戸田市で、障がいのある社会人や子どもたち(以下「ユーザ」)の余暇活動(特に集団活動)を支援するボランティア活動です。ともちゃんとひろくん(試作)

いろいろな人と交流できます。特に、保育や福祉に興味がある方にとっては、価値ある経験の機会になると思います。
主な活動内容は、ともだちひろば運営委員会が主催する事業「ともだちひろば」で、会場準備やユーザの誘導、企画の進行などです。
高校生以上でやる気のある方でしたら、どなたでも参加できます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

ボランティアの応募はこちらから(メールを作成します)

お問い合わせはこちらから(メールを作成します)

場所は埼玉県戸田市

ともだちひろばは、埼玉県戸田市内の施設を利用することがほとんどです。
主に、心身障害者福祉センター東部福祉センターを利用します。
どちらもJR埼京線の戸田公園駅からの徒歩圏内にありますので、市外の方でも容易にアクセスいただけます。

毎月第2、4土曜日に活動

詳しくは年間計画のとおりですが、原則、毎月の第2土曜日と第4土曜日をともだちひろばの活動日としています。
毎回必ず、活動前の打合せと、活動後の反省会を実施しますので、ボランティア活動の時間は、開始前後の1時間を含みます。
活動に参加したい日を事前登録していただき、参加してください。
ご自分のペースに合わせて、無理せずご参加ください。

どんなことをするか

余暇活動といってもいろいろです。
ともだちひろばでは、概ね以下のような流れで活動を進行します。

  1. はじめの会
    あいさつ、自己紹介、歌、体操など、ともだちひろばに参加する準備を整えます。

  2. メインイベントA
    ひとつめのメインイベントです。工作をすることが多いです。

  3. メインイベントB
    ふたつめのメインイベントです。身体を動かす季節の企画が多いです。体育祭やゲームをやっちゃいます!

  4. おわりの会
    当日の感想と、最後のあいさつで締めます。

この中で、主に運営部分のお手伝いがボランティアの役割です。ユーザを誘導したり、必要な物品を準備したり、援助のサポートをしたりといったことです。
ユーザのほとんどは同伴者と参加されますが、同じ空間にいますので、直接関わる機会もかなりあります。

まずは自分が楽しむ!

ボランティア活動は、続けていくこと、続けられることが大切です。
その動機となるのは、やはり楽しいことや嬉しいことだと思います。

本気で競争

工作でオリジナルグッズを作ったり、ゲームで順番を競ったり、なんだかんだでボランティアさんは常に本気で競い合っています(笑)
もちろんガツガツ競っているわけではなく、楽しく競っています。
工夫を凝らした作品を比べ合ったり、身軽さを競争したり、本気で挑戦して、本気で楽しんでください!

ユーザとの交流

あえて後ろに書きましたが、やはり、ユーザとの交流が一番の楽しみです。
ユーザのキラキラした笑顔や多彩な反応は、お手伝いしているわたしたちにとって楽しみで、嬉しいことです。
本気で一緒の時間を過ごしているからこそ、見せてもらえるものなのだと思います。

学生、社会人ともに歓迎!

ともだちひろばは、来る者拒まずです。どんどん仲間が増えていったらいいなと思っています。
上に書いた楽しいことに加えて、いろいろお得なこともあります。

学びの場、現場経験、授業と実地の橋渡し

特に保育、福祉系の学生さんにとっては、学校で勉強したことを実践したり、先輩のワザを間近で見たり、授業だけでは分からないこと、得られないことをたくさん経験できます。
ともだちひろば運営委員会には、保育や福祉のお仕事をしているメンバーがいます。実際のお仕事の様子や、どんな就職活動をしたのかなど、先輩の体験談を聞くこともできます。

癒し、情報交換、異業種交流

いつもの生活とは少し違う非日常で、いつもと違う経験ができます。
職場や家庭でのあわただしい時間や空間から少し離れて、ゆったりと季節を感じたり、異なる活動エリアの仲間と交流したり、自分の世界を豊かに広げていくことができます。

社会の一員として

できることをできるかたちで、自発的な意思で社会に関わっていくことは、もはや当たり前の時代になっています。
ボランティア活動の場は新しい学びの場であると同時に、経験や知識を社会に還元する場でもあります。
あなたがお持ちの経験や知識は、ともだちひろばにとっても大切なものです。

ともだちひろばでは、若い世代からベテラン世代まで、高校生以上でやる気のある方は、どなたでもボランティアとして参加できます。
異なる世代、異なる性別、異なる仕事、異なる考え方、いろいろな仲間が集まって、交流の輪を広げていきます。
まずはメールでお問い合わせください。(詳しくはページの下の方をご覧ください)

企画から関わりたいという方

ぜひ行事担当スタッフとしてご参加ください。ともだちひろばの活動日を中心に、企画や計画の会議を行っています。

行事担当スタッフの役割

主な役割は以下のとおりです。

  1. ともだちひろば(個別のイベント)の企画
  2. 企画したイベントの準備
  3. イベント当日の進行役もしくはボランティアリーダー

具体的には、月に2回のともだちひろば運営委員会の定例会で、個別イベントの企画を立てます。併せて、役割分担と準備作業の計画を立てます。イベントの2~3ヶ月前から企画し、準備を進めます。
場所の確保や各種手続きの担当者も個別に決めています。
事前申し込みの受付や問合せ対応は、平日に行うことになり、仕事をしていると対応が夜になりますので、この係も持ち回りです。

そのほかにも、予算や渉外、広報の作業があります。

組織作りから関わりたいという方

運営委員会に参加してください。ともだちひろばの活動実績があって、運営委員会の総会で認められれば、役員になれます!

運営委員の役割

役員を含む運営委員の主な役割は以下のとおりです。

  1. 組織全体の運営(方針決定と実行)
  2. ともだちひろば(個別イベント)間の調整
  3. ともだちひろばの全般的な問合せ対応
  4. 他組織対応と調整

毎月2回の運営委員会定例会がありますので、可能な範囲で参加して、組織全体の運営を議論、計画、実行していきます。
運営資金の捻出方法やユーザ開拓、要員の確保など、課題はたくさんあります。
あなたのアイデアと実行力が、ともだちひろばをよくしていきます!

また、ほかの組織とのコラボレーションや協働に関する調整も行います。積極的に外部組織との連携を進めていく考えです。

なお、年間2回の総会と研修会を計画しています。

まずはお問い合わせください

お問い合わせや参加申し込みは、メール(tomodachihiroba@gmail.com)にて受け付けております。
件名を「ボランティア応募」や「ボランティア参加の問合せ」としていただき、本文に以下を記載してください。折り返しご連絡差し上げます。

  1. お名前(ふりがな)
  2. 連絡先
  3. ご応募の場合は「応募」、ご試問の場合はご質問内容
  4. 連絡可能なお時間
    (例) ○曜日 △△時~◇◇時

ボランティアの応募はこちらから(メールを作成します)

お問い合わせはこちらから(メールを作成します)

ご連絡お待ちしております。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

新ブログ

わたしたちのこと

  • わたしたち「ともだちひろば運営委員会」は、埼玉県戸田市内を中心に活動するボランティア団体です。「ともだちひろば」の企画と運営を行います。
    「ともだちひろば」は、障がいのある方たちが余暇を楽しむためのイベントです。職場や学校とは違う、交流の場所になります。体操や作品づくりやゲームなどの集団活動を楽しむイベントです。季節を感じ、日本の伝統文化も体験できます。

スポンサーリンク

Twitter